民法教員のタテマエ? 特別編 ドイツ・ケルン大学在外研究記(ただしまだ暫定版)。
by Treu_und_Glauben


ケルン大学のネット事情

大学の研究室でインターネットに接続する設定をしてもらった。

部屋にコネクタらしきものがあって、LANケーブルが丁度入るので、つなげてみたのだが残念ながらネットにアクセスできずにいた。今日、研究所のMitarbeiterお二人の方から「Netへの接続はできている?」と声をかけていただき、「Ich habe noch keinen Zugang zum Internet.(まだネットにアクセスできていないんだ)」と答えたら、午後に研究室までやってきてくれた。なんだか、研究所のMitarbeiter全員で迎えてくれているんだなという雰囲気を感じ、ちょっと感激。

コネクタは、通常のLANケーブルではなく、光ファイバーを利用した特殊なものであった。これをアダプタを介してLANケーブルでパソコンにつなぐ(写真掲載予定)。その後、ネットの設定。ドイツ語での指示を聞きながら、日本語の画面で設定するので変な感じ(幸いTCP/IPなど、たいていの言葉が英語の略語だが)。IPアドレスやらDNSサーバやらは手入力(ドイツ語の数字の聞き取りの練習!)。で、あっけないくらい簡単にYahoo JAPANの画面がブラウザ上に現れた。

ちなみに、これに先立ってホテルで調べていたときには、W-LAN(ワイヤレスLAN)も使えることがわかっていた。ネットワークの名前は「tsunami」で、おそらくは「大きな波(電波)」の意味なのだろう。ケルン大学のネット環境の利用方法はNetze und Kommunikationにまとめられており、それによるとW-LANを使うには、VPN Clientを使う必要があるが、設定自体は簡単そう(というか実際簡単だった。あ、でも今このエントリを読み返してみると、専門用語が並んでいて、わからない人には「不思議な呪文」のようになっている^^;)。ところが、2月にもらっていた私のIDとパスワードではアクセスを拒否されてしまった。Gastwissenschaftler用のIDとMitarbeiterのIDでは区別がされているのか、2月にとったIDの期限が切れているのか、電話で問い合わせてもきっとうまく説明できないのでどうするか悩んでいるところ。もっとも、物理的にケーブルをつないでの接続には成功しているので、無理に無線LANにする必要はなく、とりあえずはこのままにしておこうという感じ。
[PR]
# by treu_und_glauben | 2007-08-29 12:00 | ドイツにて

誕生日パーティー

今日はちょっと回り道をして、本屋さんなどによってから研究所に到着。すると入口近くの図書館窓口に受け入れ教官であるMansel先生を発見。声をかけたところ、「今日は○○さんの誕生日なんだ」とかなんとか。よくわからないでいると、研究所のMitarbeiterが皆集まってくる。図書館の司書の人もみんなそろって、研究室棟の○○さんの事務室へ移動。で、スパークリングワインで乾杯。何のことかわからないままについていった私。でも、お祝いの席に同席することができて、こちらもハッピーな気分であった。

ちなみにMitarbeiterからの誕生日プレゼントは、石庭を模したような盆栽のような鉢植え。Mansel先生は私をみて、「日本的だろ」と。以前日本に行って、石庭(Steingarten)をみていて時間を忘れた経験があるとのこと(いや、この辺私のドイツ語はかなり怪しいので、誤解かもしれないけど)。

ゆっくり話を聞いていると、ずっと図書館の司書をしている彼女の60歳の誕生日ということで、特別に祝ったとのこと(毎年誕生日パーティーのようなことをしているわけではない)。でも、祝われる側がケーキを焼いて準備しておくなどしていて、そこが日本と違うと感じた。Mitarbeiterの一人にそのことを言ったら、「日本のやり方の方がrichtig(正しい)と思うわ」と笑われた。

なんだかInstitut全体がこうやってまとまっているんだなという感激と、改めて誕生日っていいなという思い、そしてまた事前にこうしたことを知らないながらも、まさにジャスト・タイミングでInstitutにいた自分の強運をひしひしと感じつつ、ケーキに舌鼓を打ったのであった。
[PR]
# by treu_und_glauben | 2007-08-29 11:00 | ドイツにて

サルが到着

研究室に来たら、部屋に段ボールが一箱おいてあった。家を出発する当日、どうしてもスーツケースに入り切らない荷物を段ボールに詰め込んで、郵便局から送ったSAL便がもう届いていたのだ。

航空機の空きスペースを利用して送るため、船便よりは速いものの、空きスペースができなければ輸送が遅れるため航空便に比べると到着が遅れる可能性が高い。その分安く送れるというもの(詳しくは日本郵政公社「エコノミー航空(SAL)便について(詳細))」)。だから、発送から1週間も発たない到着に驚いた。

ちなみに、8440グラムの荷物で、11,500円であった。
[PR]
# by treu_und_glauben | 2007-08-25 12:00 | ドイツにて

到着しています

予定通り8月20日に無事にドイツ入りしています。この日は沖縄で飛行機の爆発・炎上事故があったようですね(人的な被害がほとんどでなかったことは奇跡的です!)。こちらでも、テレビや新聞で報じられていました。そのために心配してメールをくれた方もいらっしゃいましたが、無事に到着しております。ただし、ネット環境がまだ完全でないのでなかなか更新できずにいます。まあとりあえずは生活に慣れるまで、のんびりとやっていこうと思っています。
[PR]
# by treu_und_glauben | 2007-08-20 12:00 | ドイツにて

国際交流事務局からのメール

ケルン大学の国際交流事務局とでも訳すのかな、Akademischen Auslandsamt(International Office)からメールが届く。メールでも、電話でも、直接の来訪でもサポートするからお気軽に相談を、という内容。住居の斡旋などもしてくれるようで(私の場合はすでに確保しているから不要だけど)心強い限り。

サポートに必要な個人情報の収集ということで、受け入れ学部・研究所であるとか、研究テーマ、家族の有無などについてのアンケートに答えて返送した。
[PR]
# by treu_und_glauben | 2007-08-15 12:00 | 渡航準備